スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<裁判員裁判>窃盗などの被告に一部無罪判決 東京地裁支部(毎日新聞)

 ひったくりを繰り返し、盗んだクレジットカードで買い物をしたとして、強盗致傷と窃盗、詐欺の罪に問われた東京都立川市の無職の男性被告(20)=事件当時少年=の裁判員裁判で、東京地裁立川支部(福崎伸一郎裁判長)は9日、詐欺について無罪とし、強盗致傷については窃盗罪しか認めない判決を言い渡した。そのうえで懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役7年)とした。裁判員裁判で一部無罪判決が出るのは初めて。

 被告は別の少年=家裁送致=と共謀して09年2~3月、東京都日野市などでひったくり3件をし、盗んだクレジットカードを使い瑞穂町の量販店でブレスレット(約9万6000円相当)を買ったとして起訴された。検察側は被告がひったくりの実行役と主張。被告は捜査段階で自白したが、公判では(1)被害者が重傷を負い強盗致傷罪に問われた1件は実行役でない(2)詐欺は少年が単独で行い共謀していない--と争った。

 公判では少年や量販店店員が被告は詐欺行為に協力したと証言した。判決は少年の証言を「誠実さに疑問がある」、店員の証言を「捜査当初は被告の行為を話しておらず、必ずしも信用できない」と判断。「被告の犯行とするには合理的な疑いが残る」と指摘した。

 判決は強盗致傷についても、他の2件と態様が異なり被告が実行役とする少年の証言には疑問が残ると認定。被告の自白についても「少年をかばうためだったとの供述は不合理でない」とし「『疑わしきは被告の利益に』の原則から、実行役は少年。被告は窃盗の犯意しかなかった」と結論付けた。

 判決後に会見した裁判員からは「証拠が無く判断できなかった」「警察、検察の捜査が甘かった」などの指摘が相次いだ。東京地検立川支部の西本仁久副部長は「上級庁と協議して適正に対処したい」、長谷川敬祐弁護士は「求めた結論をそのまま採用いただいた。裁判員の皆様に、偏見を持たずにしっかりと判断していただけた」とコメントした。【池田知広】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強盗致傷の被告供述翻す 難しい判断に 東京
裁判員裁判:「全国初」有罪確定受刑者に賠償命令
裁判員裁判:殺人罪認めず傷害致死罪 検察側が控訴断念へ
殺人再現実験:捜査員が振り落とされ役 スタントマン断念
裁判員裁判:公判で突然否認の被告に懲役10年 東京地裁

首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
ツイッターに警戒示す陣営も(産経新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
sidetitleプロフィールsidetitle

こたけのぶおさん

Author:こたけのぶおさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。